いつの時代も憧れの"パリジェンヌ"。
その魅力に隠された本当の姿とは

花の都・パリ。そこに生きる女性はパリジェンヌと呼ばれ、私たちの憧れの存在となっています。
サロンの主宰者、子の世話をする母親、流行を生み出すファッショニスタ、
画家のミューズ、そして芸術家―、彼女たちは時代の変化とともにさまざまな表情を見せてきました。
芸術家はその魅力をときに愛らしく、ときに凛々しく表現しています。
一体パリジェンヌの何が私たちを惹きつけるのでしょうか。
本展では、ドレスや靴といったファッション、マネやドガそしてルノワールが描いた肖像、
映画や舞台で活躍した女優やダンサーの写真など、ボストン美術館の所蔵品約120点によって
パリという都市を体現してきた女性の姿の変遷をたどります。
18世紀ロココの時代から20世紀まで、時代の最先端を歩んできたパリジェンヌの姿をお楽しみください。

会期

2017年6月10日(土)→10月15日(日)

会場

名古屋ボストン美術館

〒460-0023 名古屋市中区金山町1-1-1

開館時間

平日 午前10時-午後7時、土・日・祝・休日 午前10時-午後5時

  • ※入館は閉館時間の30分前まで

休館日

月曜日

  • ※祝日・振替休日の場合はその翌日

入館料

一般:1,300円(1,100円) 高大生:900円(700円) 中学生以下無料

  • ※( )内は前売/団体(20名様以上)及び平日午後5時以降の割引入館料金
  • ※平日午後5時以降の高校生は無料

主催

名古屋ボストン美術館、ボストン美術館、NHK名古屋放送局

共催

中日新聞社

後援

アメリカ大使館、愛知県、名古屋市、愛知県教育委員会、名古屋市教育委員会、名古屋商工会議所

協賛

大日本印刷

協力

日本航空、日本貨物航空、近畿日本鉄道、東海旅客鉄道、名古屋市交通局、名古屋鉄道、アリアンス・フランセーズ愛知フランス協会、ANAクラウンプラザホテルグランコート名古屋、エスカ、中部国際空港、名鉄百貨店、ユニモール

巡回(予定)

東京展/世田谷美術館  2018年1月13日(土)~4月1日(日)

広島展/広島県立美術館 2018年4月11日(水)~6月10日(日)

お問合せ

名古屋ボストン美術館

TEL.052-684-0101